炎リバイバル教会の歴史を短くご紹介します。

1991年に、篠原隆が愛媛県松山市の神学校を卒業、

東京都足立区に遣わされ、『東京福音センター』の

牧師に就任します。(写真は、まだ20代の篠原牧師)

後に、教会名を『東京ホザナ教会』とします。

長い間その教会名でしたが、篠原牧師は、ある時、

教会名を改めることを決意します。

 

そして、その新教会名が、今の『炎リバイバル教会』でした。

正直なところ、この教会名でかなりの方に誤解され、驚かれます。

「この教会名だったので、来るのを躊躇っていました。」

と言う方、たしかにいます。

でも、この教会名には隠れた意味があります。

まず、「炎」とは、世界のベストセラーである聖書では、

「仕える者」を意味します。

「リバイバル」とは、「復興」を意味します。

今は、競争社会ですよね。自分が自分が・・・って

言う人が多いはず。周囲を見渡せる人が少ないのでは?

でも、そのような時代の中でも、炎リバイバル教会は、

社会に、地域に、困っている方々に、仕えることを

大事にしていきたいと願っています。

他人に仕えれる人が、増えていく・・・。

そして、そんな人の集まりでありたい。

そのような願いがこもっている教会名です。

皆さんの悩み、苦しみ、痛み・・・。

ぜひ、教会にそのまま持ってきて、お話しください。

牧師夫妻&伝道師は、お祈りさせていただき、

共に笑い、共に泣ける関係を目指します。

また、教会に来られている色々な方々からも、

慰め・励ましとか・・・もらえますよ。 

お互いに、助け合い、困っている時は支えてもらい、

誰かが困っている時には、支えてあげる。

     炎リバイバル教会は、そんな教会です。

               伝道師  篠原元

炎リバイバル教会について

​当教会は正統的なプロテスタント教会です。統一教会、エホバの証人、モルモン教、新興宗教などでお困りの方は、ご相談ください。

​アクセス

〒121-0074

東京都足立区西加平2-3-10 3階

​​Google Maps

Tel: 03-3885-6632

© 2018 by Flame Revival Church Tokyo